「医の芽ネット」は医療・ヘルスケア分野に関心のある企業・機関に対して
新たな事業創出の機会やサポートを提供する「医工連携の地域プラットフォーム」です。

医療機関のニーズ

保冷材の問題点

【臨床機関】倉敷中央病院
【診療科】看護本部
【職種】看護師
ニーズの背景
患者の発熱時の解熱や手術部位のアイシング等に用いる保冷材は、冷凍庫内でどれが冷えているか分かりにくい、使用頻度が高いとあまり冷えないといった問題があり、看護師の作業効率を低下させている。