「医の芽ネット」は医療・ヘルスケア分野に関心のある企業・機関に対して
新たな事業創出の機会やサポートを提供する「医工連携の地域プラットフォーム」です。

医療機関のニーズ

平行棒の問題点

【臨床機関】倉敷中央病院
【診療科】リハビリテーション部
【職種】作業療法士
ニーズの背景
腕の支えなしで起立や歩行が困難な患者の起立・歩行練習では、安定性の高い固定された支点へ両手でつかまった状態から開始することが望ましく、医療現場ではまず始めに平行棒を使用することが多いが、平行棒のあるリハビリ室までの移動にリスクを伴う患者も多く、病棟の手摺りや歩行器での代用では、安全で効果的なプログラムを提供できない。